LOTUS (ロータス) Vietnam & Asian Food

ベトナム料理3

2013年10月12日


芦屋のベトナム料理店で働く事になったボク、新店舗が完成するまでの間1号店で研修もかねて仕事をしはじめた。

ビックリしたのが10坪ほどの狭いプレハブの店にひっきりなしにお客さんがやって来ること。

狭い店なんですぐに満席になってしまいそうすると外の空きスペースに簡易テーブルを出してお客さんを案内したりしてた。

ボクは当時ベトナム料理のことはまったく知らなかったので(フォーさえ知らなかった)お客さんに料理の質問をされた時は嫌だったなあ…というのも何も教えてもらうこともなく狭い店でキッチンで作ってる様子も見れなく(ボクはほとんど外で働いていた)さらに言葉もわからず(スタッフ間のオーダーのやり取りはベトナム語)で最初は単なるお運びさんやった。


で1ヶ月ほど過ぎた頃新しい店が完成してそちらに移る事になったんだけど1号店に比べたら広いし明るいしテラスはあるしでなかなかいいやんって心の中で呟いてた。

で、無事オープンもでき、やはり1号店が流行っていたのでこちらも最初から順調にお客さんが来てくれ毎日が忙しかった。

この店はボクのベトナム料理の原点でありいろんな経験をした店なのでその辺を思い出してみると、

なんと言ってもベトナム人との出会い、当時店には4人のコックがいたけどみんなそれぞれ個性的やった。
チーフのキエット、彼は2ヶ月ほどでアメリカに行ってしまうんだけど他のコック達の兄貴みたいな存在だったな  その彼の下で主にホットを担当してたのがユン、彼は料理に対するこだわりがすごくて、ただ4人の中で唯一英語ができず僕らとなかなかコミュニケーションが取れずイライラしてたみたいやった。
でも本当に腕はよくベトナム時代にクリントン大統領が食事をしたレストランの1つでそのヘッドシェフもしていた。彼はずっと日本に居たかったようだけどあるトラブルで帰国せざるを得なくなったけど今はまた日本に戻ってきて東京で働いているようだ。

主にコールドとデザートを担当していたチューはヘンテコな奴やった
彼は国際経験が豊富でベトナム人にしてはスマートなやつだったけどなぜかいつも不満ばかり言ってたなあ。日本が合わなかったのか待遇に不満があったのかわからないけど、彼も半年ほどでベルギーで契約が決まったと言って辞めちゃったなあ。
ちなみに彼、チーチュウと呼ばれててその意味はチーというのはベトナムでは女の人を呼ぶときに使う言葉でつまり彼はゲイだということ。
半信半疑だったけど彼が辞める前、店で飲んでたらその日ボクが履いていた革パンの太ももに手を置いて「You are very sexy」。 その時ホンモノやなって確信した。






同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
2017年度~ベトナム料理で忘年会~
新メニュー「スペアリブのベトナムシチュー」
神戸市長選挙
出張パーティー
ベトナミーズカフェてどう?
10月前半の日替りランチメニューです♪
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 2017年度~ベトナム料理で忘年会~ (2017-11-14 18:40)
 3月14日の日替りランチ&お持帰り弁当 (2014-03-13 11:03)
 腰痛がっ!! (2014-03-13 11:03)
 L.C.B cafeより。。。 (2014-03-04 09:03)
 久し振りに・・・ (2014-03-01 11:03)
 トロピカルフルーツ (2013-10-20 08:10)


ニュース

Posted by LOTUS (ロータス) Vietnam & Asian Food

< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
LOTUS (ロータス) Vietnam & Asian Food